TOLIAEZU KYOU

いざ鹿児島へ 開門岳ハイクと金峯山クライミング20091205-06

先週の土日、ますちゃんまっちゃんと3人で鹿児島遠征へ行ってきました。004.gif
まず、土曜日の午前中は雨の天気。 いまいちだったので予定変更で開門岳ハイクへいきました。
(お久しぶりの鹿児島の友人に残念ながら会えれず。ぜんざいも食べれず残念!)007.gif

開門岳はあまり木が生えてなくて海を見ながら登れると勝手に思い込んでいたのが、全くイメージが違ってて、7合目位までは海が見れない林でした。林の中、山を渦を巻くようにして緩い斜面を登ること約2時間で山頂でした。山頂は曇りなのに、なんとか視界よく、周りの海岸線が見えたのでよかったです。でも晴天には程遠し、晴れ間が恋しかった。でも、さすが九州最?南端の百名山とあって人も多かった。

e0165234_1265175.jpg


八代市からきていたおじちゃんおばちゃん達に昔は八代村だったのと言ったら。「村じゃね~」 。ごめんなさ~い。029.gif

開門岳の情報:
99番目の日本百名山。薩摩半島の南端に位置する。海に突き出した円錐形の秀麗な山容から薩摩富士と呼ばれている。錦江湾の入口であるところから海門岳とも呼ばれている。標高922m。
だそうです。

マラソンランナーと雪山さんに引きづられ、開門岳はほんの1時間で駆け足で降りてしまいました。余韻も浸る暇なかったな~ 早く、下山して、観光、温泉、宿泊地、居酒屋。。。と、頭の中は本日後半のスケジュールでいっぱい。のんびり歩く余裕は無い。

下山すると、まずは、宿泊地のある山川町の近くにある長崎鼻(海岸、灯台)へ車で移動です。
鹿児島南端を車で移動してびっくりしたのは人が少なく閑散としてたのと、冬なのに菜の花などの花があちこちに見られたこと。天気予報で本日の最高気温が熊本と3度違っていたのはうなずけた。南国だ~

長崎鼻に着くと海岸をお散歩しました。溶岩のような海岸に岩場がいっぱい。灯台にも思わず、登ろうとして止められました。写真のとおり、開門岳が見えますが、悠然としたお姿には脱帽。

e0165234_1272846.jpg


12月のこの時期、のんびりと海越に薩摩富士を拝むことができた。またひとつ夢がかなった瞬間。幸せだった~

温泉は菜の花マラソンのコースの近くにあって、海に面した露天風呂は最高でした。
開門岳は残念ながら男湯からはちょっとだけしか見えませんでしたが。。。(女風呂からは抜群の眺めだったそうです。)
この写真は、温泉の近くにあった絶壁。温泉につかって登れそうかじっと見てたけど当然無理そう。
e0165234_113664.jpg


その日の夜は山川港の近くにあるクリヤ旅館に宿泊、併設の居酒屋でカツオタタキなど海の幸を肴に遅くまで酒盛り
でした。いつも日帰りで時間がない山行をやっているので今回はほんとゆっくりできると実感!

次の日、金峯山でフリークライミングでしたが、途中、知覧を通るので武家屋敷を見学。垣根の剪定が見事だった。
街の道路脇には津和野みたいに水路に鯉が泳いでおり、餌をやったりししました。今回はホント観光メインだったな~
e0165234_1134741.jpg


でも、金峯山では、しっかりと米沢先生が開拓されたアイビークラックに挑戦。
2年前もぜんぜん歯が立たなかったけど、今回もRPできなかったけどなんとか2テンで終了点まで行けた。
次くるときはノーテンで行きたいな~
e0165234_114844.jpg


金峯山のふもとの2000年橋では土日と竹灯篭祭りがあってた。たくさんの竹灯篭がならんでいた。
ますちゃんまっちゃんお疲れ様でした。
鹿児島、また来るよ~ 
[PR]
by yamattifx | 2009-12-10 01:39 | ハイク
<< 頸椎後縦靱帯骨化症??? 冬場のランニングだよ~ん >>