TOLIAEZU KYOU

1月29日(土) 宇土半島トレランコース調査:大岳~石打~高野山~三角岳

大山が中止になったので、遅く起きて九州自然歩道の宇土半島トレランコース確認へ。
車で赤瀬から石打へ、みかん畑の細道を進むが最後はすごい藪となり、ようやく石打駅到着。モダンな黄色の無人駅、石打駅、気に入りました。トイレも電話もありました。
東に進んで九州自然歩道の案内板がありました。石打ダム右岸を進み米の口到着し米の口に車を置いて大岳まで往復ラン。往復1.5時間、往復距離6k、標高差200m位? 石打ダムもトイレありました。
米の口付近は一般道が入り込みわかりずらいが、だいたい、分岐には標識がありました。
車で石打へ戻り、更に、中村を経由して高野山の登山口に到着。高野山の登山口、あまりはっきりせず白い建物(施設)の左横が登山ルートであることを確認。ミカン畑の農道や一般道が自然歩道だったりして入り組んでいました。
高野山山頂、更に100m降りて、三角岳登山口、三角岳の中腹まで来て時間がなくなったので車のところまで折り返しました。
約2時間、往復距離8k、標高差300m。
帰りに、もう一度、前回の緑川駅から轟水源までのルート、そこから白山へ向かう道の入口を車で確認に行ってこの日の調査は終了。
夕方6時前に帰宅。
これで、緑川駅~三角駅のトレランコースは凡そ大丈夫。
風が強かったですが、天草に近いこともあって気温は内陸より幾分高め、ときおり青空も。
九州自然歩道、大岳、三角岳の登山ルート以外は、だいだいコンクリートですが、其れほど足に来ない感じでした。
高野山の登りはミカン畑の中、ルートを見失いましたが、おおよそ九州自然歩道、整備されてます。道標も多いです。肝心なところが抜けていたりしますが、少し迷えばリカバリー可能。
海の見える高台、ミカン畑中のランは気分いいです。
次に機会があれば、天気のいい日に、緑川駅から三角駅までノンビリ、32kフルコースを走します。
この日の走距離14k、時間3.5時間、標高差約500m

写真:高野山から三角岳へ行く途中、海の向こうに雲仙岳がかすかに。。。
e0165234_12075.jpg

[PR]
by yamattifx | 2011-01-31 01:05
<< 1月30日(日) 金峰山トレラ... 伯耆大山は中止 それと 宇土半... >>