TOLIAEZU KYOU

20111009筑後川マラソン(フル参加)

生涯2回目のフルマラソン、筑後川マラソン(フル)に参加。目標5時間に設定しスタート。天気良すぎで暑いが前半の20kまでは6分/k前半のラップで調子良すぎ。後半に失速し歩き出し、足が動かなくなる。暑さのために各1k毎の補給所では水とスポーツドリンクをがぶ飲み。後半に行くに従い、次の補給場所までなんとかたどり着くことが目標となり、また、早く終わることが目標となり、最初の目標サブ5は30k地点であっけなく消えた。ラップタイムも8分/kとなりたまに歩き出して9分/k、時たま10分/kと最悪の状況と化す。前半のオーバーペースが原因か? 昨年のパールライン20kの記録2時間7分とほぼ同じタイムで走ってしまっていたことを悔いた! 5時間の目標タイムはけっして高い目標ではないと思っていたが… 35kを超えると残り1時間で先の菜の花の5時間31分のタイムも切れないかもしれないと絶望的な状況と化した。久留米まで何しに来たと自問自答が始まる。あと7kか、歩くのを辞め走り続ければなんとか菜の花のタイムは切れるかもと思い、ラップタイムを見た。8分/kだ、なんとか行けそう。あと8分すれば補給所があると思うことをひたすら繰り返す。残り5k、いつも走っている河川敷の往復が5k、すぐじゃないかと励ます。なんとか最悪の状態は脱した。4分のベスト更新。ただ、依然として、菜の花の後に立てた目標「颯爽と軽快に42.195kをかけ抜ける」にはほど遠い状況で終わる。フルマラソンの過酷さとペース配分のマズサと依然としてマラソンを走る体になっていないことを思い知らせれた大会となった。今年通算総距離1000k、8月と9月は各160k/月走り、後半のバテを直そうと思ったがまだダメということ? 次の大会に向け200k/月に変更するしかない?

e0165234_2392083.jpg

[PR]
by yamattifx | 2011-10-10 23:12
お盆前半戦 地蔵峠~清水峠トレ... >>