TOLIAEZU KYOU

快晴の小岱山 2008年12月7日

寒気が流れ込み九重や阿蘇には昨日、雪が積もり、そして、今日は雲ひとつない快晴、朝方は今年一番の寒さとなった。

今年初の雪山(九重)は都合がつかず行きそびれたので、ゆっくりと起き、10時過ぎから、小岱山へトレイルに出けた。

コースは「蛇ヶ谷公園-笹千里-丸山-観音岳-筒ヶ岳」の往復。 距離:13km、累積標高差891m とガイドブックにある。 山頂の筒ヶ岳の標高は501mと低山だが、有明海に面しており、麓にはみかん畑もあり冬でも暖かい。

ここは、岩が少なく、林の中の落葉の深い土のコースで、時折、きつい登りもあるが、アップダウンが繰り替えすような厳しさはなく、平坦な道も多い。登山客が多く、登山道は整備され、足に優しい、トレイルランにもってこいのコースかも。

公園のある登山口を11時半に出発して2時間後の13時半に筒ヶ岳に到着した。

笹千里、丸山、観音岳、筒ヶ岳と各ポイントには展望場所があり、休憩には最適。 有明の干潟のはるか向こうに左に雲仙岳、右に多良山を望むことができ、とてもいい眺め。

いったん、筒ヶ岳を折り返して、観音岳まできて、20分ほど、遅い昼食をとった。 一番広い休憩ポイントの観音岳はひなたぼっこをしている人もいた。

登りはすこしきついがすぐ平坦なところは楽になった。折り返してからはほとんどが下りなので行きの約半分の1時間で降り、登山口についたのは15時だった。距離13kで休憩を除くと3時間ちょっと。早く走るとバテルので自分の体力はこんなもの。ここちよい疲労感で、この前の南阿蘇よりもだいぶ楽。次は、もう少すこし平坦なところを20kを走ってみたい。

天気がよく玉名市近郊の山ということで、年配の登山客と多くすれ違った。

帰りは、行きと同じ、河内~天明経由でかえるが、天明で草枕温泉によった。ここは高台にあり、露天風呂に入ると前方に雲仙岳が真正面に見え絶景。


地図など
e0165234_22273393.jpg


観音岳
e0165234_22281754.jpg


登山道
e0165234_22285655.jpg


有明海
e0165234_22294738.jpg


金峰山方面
e0165234_22302444.jpg

[PR]
by yamattifx | 2008-12-07 22:32 | トレイルラン
<< 河川敷のプチランニング 南阿蘇トレイルラン 2008年... >>