TOLIAEZU KYOU

<   2009年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

雪の岩井川岳登山ルート 20090111


三連休の週末、最初の二日間は雪が降りかなり気温も下がった。

二日目の日曜日(1/11)、雲りで少し山は吹雪いていたが、それほどでもないので九重に向かう。
今シーズン最初の雪山を楽しみたかったので、前日に飲み会があったのに思い切って朝起きをしたのだ。登山口までの車道は、雪の量はそれほどでもなく、4wd+前輪スタッドレスで十分だった。
でもやぱり雪道はなれない。執拗に何度もブレーキテストをしながら滑らないことを確認をしたりした。何度か雪道でのアクシデントを経験して懲りていたから。


e0165234_0124917.jpg

(瀬の本のドライブイン前)


瀬の本まで来てまだどこに登るか決めかねていたが、瀬の本登山口が目に入ってここだと思い車を止める。登山口前には二台のみ車が停車していた。まあここはいつもこんなもんだ。

瀬の本登山口~岩井川岳~扇ヶ鼻のコースは昨夏の沢登りで行き、なだらかな丘陵地帯の岩井川岳がとても気にいっていたので、多くの登山客が登る牧の戸には向かわず、ひとけの無いこちらのコースへ登ることを登山口が見えたとき即座に決めた。自分には珍しい即決でめったにない。

ルートは10~20センチのパウダースノーの新雪の緩斜面が岩井川岳までづっと続く。緩斜面なので軽快。(何度も経験した水を含んだ重い雪の急斜面と比べると雲泥の差だ。)
登山口からの樹林帯が暫く続き、樹林帯から開けた草原にでた。ここの樹氷はほんとに見事で絵になる風景か。


e0165234_084017.jpg


(帰り道で立ち止まって写真の構図を暫くの間さぐって楽しんだが、少しだけ青空が見え日が差した。ラッキーだった。ほんの一瞬だけふもとの視界も開けた。)


e0165234_014750.jpg



登山口から2時間半をかけて岩井川岳を経て扇ヶ鼻に出た。山頂はさすがに風が強かった。
気温は-5度だったが体感温度は-10度くらいか。

扇ヶ鼻山頂で牧の戸と数グループとあったが、皆、寒そうに早々に立ち去っていた。たぶん、牧の戸からは尾根沿いの道だから風もかなり強かったのだろう。

ここで、暖かいものでも食べようとお湯を沸かそうとするがブースターの無いガスの火力が弱くこれを断念。火がつかず、風よけのないこころでたくましくお湯を沸かして食事をしてた夫婦からせっかくライターを借りたのに残念だった。昼は行動食だけで済ませてしまった。


e0165234_071216.jpg

(扇ヶ鼻山頂)

牧の戸からのコースに比べると、このコースは西側の斜面だからか風はあまり強くなかった。又、草原もあるが適度に背の低い林も多いので風を遮ってくれた。

と言った具合で、全般的には寒さの厳しさもあまり身にしみることなく、又パウダースノーで、かなりるんるん気分の雪山だったろうか。ラッキー!
[PR]
by yamattifx | 2009-01-18 00:50 | ハイク