TOLIAEZU KYOU

<   2009年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

リフレス

昨日の日曜日、7/26は、北アルプスの準備で、根子岳と高岳をボッカするつもりだったのに、あいにくの雨。
九州北部はすごい災害にみまわれる程の大雨、大宰府の先で高速道路が土砂崩れで埋まってしまって復旧はだいぶ先になるらしい。

で、雨の日はいつも何処かでインドアクライミングだから、昨日も、大牟田リフレスでフジミさんと3時間程、汗を流した。
初めてのフジミさんはとても気に入ってもらってよかった。
先客がいて、どうもどこかの山岳会が救助訓練をやっていた模様。
僕らの会よりもレベルが高そうだということは見てすぐわかった。
リフレス、ロープを使ったセルフレスキューやアルパインの技術を身につけるにはいい場所だな~としみじみ思う。
そのうち、僕もここへきてやってみたい。でも、ハーケン打ったりとかできないのでそれだけは無理だ~

さて、壁の方は、右壁の5.10aアカホールドをOS、イエローホールド5.10bは2ゲキでRP、青スラッシュテープ5.10Nは途中敗退、左壁の5.10aオレンジホールドも問題なくOS

やっぱり雨の日はインドアクライミングに限る。ここまで家から1時間ちょっとかかるが、だいたい空いているし自分のペースで登れるので大好き!

最近、インターバルが1週間以上あり、5回登るともういいや~って感じだし、家に帰ってからも少し体だるい
この疲労、回復するまでやはり1日を費やすけど、どうにかならないかなって思う。

アルプスまで少なくとも一度はボッカしたいけど、次の日曜しかないかな? せっかく沢行こうと思っていたのに、でもアルプス優先かな。

穂高周辺のルートをいろいろ検討してみて、行きたいところがいっぱいできてしまった。
交通費だけだと3人寄れば1万かかんないから何度も行きたいけど、そうは問屋がおろさない、壁はいたるところに立ちふさがっている。でも、壁は登るためにあるようなもんだから。。。。

e0165234_23542844.jpg

写真は先週の日曜日(19日)に行った神野渓谷の姶良川の沢。
大きなスラブ滝がいくつも続くすばらしい鹿児島の沢。
いつか自分もリードで登ってみたい。

e0165234_0202920.jpg


ネットでカムデバイスが欲しくて眺めているけど、アルプス用に靴のソールの張替えに13000円もかかり、更に、ゼビオで19000円のノースフェースのビブラムソールの靴が13000円の安売だったので衝動買いをしたせいで、買えそうにない。いつになったら、ブラックダイヤモンドの#1、2、3が買えるのだろう(^^;;

昨夜は穂高~槍ヶ岳のコースにあるキレットのルートをネット上の写真などを見ながらイメージで辿ってみた。写真だけから見るとなんとか行けそうな気がしてきた。

いつも思うことだが、こうして家にいるときでも山に接している時間は、仕事をしている時間となぜにこうも違うものかとつくづく思う。。
[PR]
by yamattifx | 2009-07-28 00:24 | クライミング

霧の平尾台とノハナショウブと好日山荘 …etc

今日は晴れのはずが朝から雨が~  why

梅雨の天気は変わりやすいのだ   ○心と梅雨の空

どこか晴れているところはないのかな? 天気予報を見ると、あるある、福岡は晴れている 福岡の山友にメールすると快晴らしい~
ということで7月第一週の日曜日は、リハビリで久住「沢水~鳴子~白口~鉾立峠~沢水」へ行き、最後のオオヤマレンゲを拝もうと思っていたのに、晴れ間を求めて北九州まで足を伸ばすことに

e0165234_23121615.jpg


福岡のSAでは晴れ間が見え、暑いくらいだったが、平尾台に到着してみると霧に覆われていて涼しい!
そう、平尾台は濃い霧にすっぽりと覆われていた。

e0165234_23132885.jpg


霧の平尾台、はじめは多少とも視界はよく、先まで見えていた。

e0165234_23135497.jpg


広々と広がるカルスト地形の白い石灰岩と緑のじゅうたんの二色ずりの草原がしだいに白い霧に消されていった。視界は20m。。。 

e0165234_2314199.jpg


茶ヶ床園地から貫山のピストン、途中で道を間違え大平山方面へ大回りしてしまうが、なんとか山頂へ到着。登りは暑かったが、峠や山頂では、湿度は高いが霧を含んだ風がここちよかった。

MOちゃんに持ってきてもらった冷えた巨峰とオレンジを山頂でいただく。
やっぱり夏は冷えたフルーツは超美味。KOちゃんも嬉しそう。

帰りは、こんどは正規の道を通るつもりがまたまた途中で逆の方向へ。
運よく、広谷湿原に出会う。おおきなカメラをかかえた人達がノハナショウブを撮っていた。
何年前か、久住の雨が池の湿原でその花の名を知って以来、もしかすると、紫の衣装をまとったその姿にお目にかかったのは今日が初めてだったかも? 残念なことに花の数はなぜか少なかった。 
人口的な池にあるたくさん咲いているショウブに比べるとほんとに野性の貴重な花。
かざりっけなしの本物のノハナショウブがひっそりと咲いていた。数が少ないのもまたいいね。

e0165234_23153013.jpg


平尾台、7月後半になって来る予定だったのになぜか今日来てしまった。
真っ赤なノヒメユリやオレンジのコオニユリ、それに紫色のキキョウは一個も咲いてない。
数年前来たときはあんだけ咲いていたのに、緑の草原オンリーで花のない平尾台、ほんとに残念。

ほんの少し咲いてたのは、ノハナショウブの他、白い尾っぽのオカトラノオ、ほんとに一箇所だけ咲いていたカワラナデシコのみ。
両手に花だったのでよしとするか!

e0165234_231629.jpg


茶ヶ床園地まで来て下山完了
10時前に出発して2時くらいだから4時間少々、アスリート的には少しものたりないけど、たまにはマッタリ気分のリハビリだから、いいかな~

e0165234_231742100.jpg


登山者とも何度もすれ違ったけど、都会のオアシスの山だよな~と感じる
駐車場には同じハイクを楽しむ人の車で満車

e0165234_23243246.jpg


東屋で遅い昼食を少したべて休憩後、アフターハイクは小倉駅のチャチャタンウの中の好日山荘へ。
近くに温泉らしきものがあったが、何気なくあっさりと通過してしまう。途中で、マックの駐車場で服を着替えてすっきりして、街でふら~とお買い物!

こんな街中でどうどうと着替えてしまい、おおらかな気分。フレオフィッシュバーガーとホットコーヒーで220円でまたまた気分最高!

帰り際、夕食を軽く、くるくる寿司。 そして、家に帰ってまた茶漬け。。。
2時間置きに食べていたな~ へんな一日だった。
[PR]
by yamattifx | 2009-07-06 23:54 | ハイク