TOLIAEZU KYOU

<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

柏川沢歩き090911(単独)

 週末の木曜日の夜、明日は休みだからということで「九州の沢と源流」(本)に載っていた柏川のページを見ながら地図(最下段)を作っていたら行ってみたくなった。ネットを探しても地図はなく、どのように本流・支流がどの谷に走っているかわからないので、だいたいの予想を付けて2万5千分の1の地図から消えている沢の線を書き加え、本に載っていた沢遡行の後に降りて来る杣道も、これもおおまかな予想で書き加えた。
 この作図の精度はかなり悪いのはわかっていても、本人はけっこう大事な事前作業と思っている。実際に遡行が終了した後の藪こぎもこの程度のいいかげんさなのだが、事前にこの程度の事をやらないともっとヒドイことになる。実際、この作業をやると全体の尾根と谷の感じがちょっとだけ頭に入ってくれるはず? 今まで登山ルートが入ったちゃんとしたガイド地図を買ったことがない。(沢の杣道まで書いた地図は売ってないが。)
 明日の金曜日はちょうど休みだし、次の土曜日は雨の予報で救助訓練の企画は中止の可能性が高い。金曜日に行かなかったら、金土と二日間、家に釘付けとなることが難なく想像できた。金曜の朝起きたのは遅かったが、早々に沢支度を始めて10時半に家を出た。

e0165234_21543370.jpg

                        柏川林道

 218号線から緑川ダムを通って対岸に渡り、柏川林道を谷沿いに上っていく。緑川ダムまで家からまだ一時間少々かかっただろうか、脊梁の沢までのアプローチは近くて楽だ。
 キャンプ場があるらしいことは知っていたが、あまり宣伝してないので営業していない様子。林道沿いに看板(写真)があったので少し寄り道して見に行くも工事中となっていた。
 この林道沿いは、小さな集落も残っているせいか、携帯電話(フォーマ)の電波が届くとよとメッセージを書いた看板が目立った。手持ちの携帯を見ると確かにアンテナが立っていた。

e0165234_2155251.jpg

                        入渓地点

 12時に入渓地点に到着した。入渓地点は大きなヘアピンカーブで、目立つのですぐわかった。沢に堰堤があってその近くに車を止めるに困らない広さの空き地があり、そこへ車を止める。このところの日照りで少ないかと思われた沢の水量だがある程度あるようだ。沢歩きという名目だが、いちおうれっきとした初心者級の沢なので、沢登のいつもの装備を整えた。ビレーしてくれる相手はいないが、いざというときビレーなしで登る方法を一つだけ考えついたのでロープも、もちろん持参した。12時半、遡行開始する。

e0165234_21561750.jpg

                      主な滝

 入渓地点から1km程度登ったところに出会う支沢(右俣)あたりまでは、写真のような2~4、5mの滝がいくつか現れる。この写真のように、沢歩きではなく、れっきとした沢登りという感じだ。でもやっぱり沢歩きに毛が生えた程度。支沢(右俣)まで10個程度の滝は1個を除いてほとんど直登となった。この程度でも、単独でのんびりと沢歩き(登り)ができる気楽さは格別だ。倒木の多い最近の脊梁の沢にあって、ここまで倒木はあまり目立たない。わりときれいな沢の部類に入るかも。
 
e0165234_2157955.jpg

                   沢山ある堰堤の一つ

 晴天ではあっても乾燥した涼しい天候のためか、いくつかシャワークライミングもして、さすがにすこし肌寒かった。だだ、まだ30度を越える残暑の中にあっては、沢の涼風は心地いいし、上空の明るい緑も心を和ませる。
 三つの低い連続した堰堤(写真)を越えると支沢(右俣)に到着した。ここは広場となっているのでしばし休憩をとり持ってきたフルーツを口にした。遡行距離自体が短いため余裕の休憩か。ただ、残念ながら、今日の沢登りはここでで終わり、これから先はゴーロが中心の沢歩き。やっと名目どおりの山行となった。

e0165234_21582166.jpg

                  遡行終了地点前の渓相

支沢(右俣)を過ぎてすぐに今度は左俣の支沢に出会う。なんのことはない間違ってこの支沢を遡ってしまう。なんとなく進む方向が違うような気がしてコンパスと地図を取り出すと方向が90度違う。修正し本流に戻り、終了点を目指す。次第に、水量も少なくなり、倒木も多くなった。写真にように沢の中に立ち木が現れたりとかする。でもこの方が風情があってなかなかいい。

e0165234_21595065.jpg

                 遡行終了地点(三つ目の橋)

支沢(右俣)を過ぎて、二度、林道(橋)を横切ったあと、三度目の林道との合流地点の橋を終了点として、橋の上によじ登った。橋の上に上がると崩落による石がごろごろしていた。また、橋の横の林道脇には尾根側から冷たい水が流れていた。口にしたがとても旨かった。

e0165234_2211364.jpg

                  三つ目の橋の更に上の沢(小さな流れ)

本「九州の沢と源流」によると、終了点の上の沢に沿って杣道があるようなので、少し沢に沿って遡ってみたが、傾斜の急なトラバースなのでとても登っていく気がしない。やはり沢を遡る方が楽であって、杣道はあくまで下山に使うべきと悟る。この杣道をたどって京丈山に達する策略は、時間的制約もあって、あっけなくあきらめることとなった。

e0165234_2221493.jpg

              三つ目の橋を通る林道(テン場に最適?)

 時計は3時を回っており、なにも急登の京丈山までの杣道を苦労して登ることはないと即断。
 林道をさらに20分程度登るとちゃんとした京丈山登山口に達するが、林道の崩落状況を見るととても人が来そうにないので、人目を気にせずさっさと持ってきた登山用の衣服に着替えた。
 先ほどの豊富な山水で沢装備を洗い、ビニール袋に入れて帰り支度を終了した。
 即断して遡行終了を決めてしまったので、程よい草の生えた橋の近く(写真)でゆっくりと食事をした。見るからにテン場に最適な平地で、気持ちよく寝れそう。ここまでの遡行中に山女の生息してそうな淵も多かったので山女を釣り上がって、ここでテント泊して山女の塩焼きを魚に一杯飲めばどれほど旨いだろうとなどと想像しつつ、持ってきた食料を片手に、テン場と周りの景色をゆっくりと楽しむ。
 
e0165234_224795.jpg

              終了点から下る林道(ハイクに快適な道?)

帰りの林道は車が通ってないことから、ご覧とおりすばらしいハイク用の道と化していた。両脇の林の緑がちょうどういい具合に光を遮っている。紅葉のときもいいかな。散策道として最適。

e0165234_2263224.jpg

              終了点から下る林道脇(青々とした山野草)

林道脇に見事なまでの青々とした山野草が茂っている。よく見ると白の小さな花が咲いている。

e0165234_2283370.jpg

     最初の支沢(右俣)にかかる林道の橋(土砂崩れ~古い台風の爪跡か?)

さらに林道を下ると最初の支沢(右俣)に出くわした、ここはすごい崩落箇所。ひどい落ち方をしているので通過するのもやっとという具合。見ると上の方にロープが張ってある。ここは京丈山登山ルートの一部なのだと納得。崩落箇所を通過して少し進んだところに通行止めの看板がありそこに広場があった。京丈山へ登る人はここに車を置くのだろう。
約1時間かけて林道を歩いて入渓地点まで戻った。夕方5時。引き上げるに丁度いい時間。今から1時間半で家に着く。


コースタイム:
入渓地点12:30-支流分岐地点13:20-遡行終了地点15:00(~食事16:00)-(林道)-入渓地点17:00


e0165234_2217185.jpg

              地図(青:沢、赤:尾根、緑:登山道・杣道)
               上流の支沢・杣道は適当に書いています。
[PR]
by yamattifx | 2009-09-12 23:01 | 沢登り

小萩山サイクリングロード調査090905

 金峰山周辺はクロスカントリーのルートがあるらしい。岳連の大会があったりしたのでいろいろ調べていたらことからわかってきた。それで、今年の初めにトレイルランをしながら実際にルート確認に出かけたりしたものだった。でも梅雨に入った頃から走るのをやめていたので、ルート調査はそれ以来そのままになっていた。なんの拍子か、自転車に乗りたくなったことから、自転車でそのルートを走ってみようかなどと考えた。まあ、気の長い話で、気が向いてちょとした時間の間、ちょと入ってみようみたいな軽いノリなので、金峰山周辺のルートを全部把握するのはいつになることやら、見当がつかないけど。
 前回、本妙寺から小萩山方面へ行くルートをトレイルランでちょっとだけ走ってみてた。今回、更に先までトレースしてみたかった。ほとんどが舗装された道で、歩きでは足が痛くなってしかたないけど、自転車だとまったく好都合となる。その意味でも、この道は自転車でルート確認する方がいい。
 今日は、昨日の天草サイクリングに気をよくしたのか、午後になって突然行ってみようという気になった。日中は30度を越える猛暑だったのでとても外へ出る気はなかったが、2時半過ぎにそろろろ出て見ることにした。
e0165234_2293618.jpg

本妙寺に車で到着。自転車を下ろして、3時に出発した。まずは車がひっきりなしに通る一般車道を小萩山の登山口まで行くことになる。スタート地点はだいたい60~70m位の標高だが、小萩山の山頂約430mまでずっと上りの道が続くはず。
e0165234_2295630.jpg

すぐに、一般道から小萩山方面の分岐(登山口)に到着。昨日の天草は海岸線だからほとんど平坦だったが、今日はうって変わって、ずっと上りだ。けっして急ではない緩い上りではあるが、自転車というのはほんとに上りはしんどいな~とあらためて感じる。ずっと、ペダルに重力がかかっているし、歩きよりスピードが速いから、重力のエネルギーをもろに受けてしまう。こんなにきついとは。。。はやくも、は~は~と、息使いが荒くなる。
e0165234_22101622.jpg

分岐からの道はずっとこんな感じ。植林の中に作られた幅3m程度の林道がずっと続く。斜面の傾斜はほとんど変わらないのも辛い! でも、さすがに林の中だし、夕方なので、涼しい風が吹いていたのが幸いだ。
e0165234_22103144.jpg

スタートしてから1時間位でやっと小萩山に向かう分岐に来た。このちょっと前まで、すごいヘアピンカーブの連続だったので、我慢しきれず、ついに自転車から降りてしまい歩きに変更してしまった。汗もぼたぼた落ち、水分補給の間隔も早くなっていた。

e0165234_22115919.jpg

16:05、やっとのこと、小萩山山頂に到着。以外と山頂は整備されており、ごらんのとおりベンチもある。近くの石の上に登ってみたらちゃんと熊本市内が展望できた。

山頂でちょっと休憩して下山開始をした。帰りはずっと下りだからペダルをこがなくてもスピードがでるので楽だろと思っていたが、下りもそんなに甘くなかった。アスファルトの道はところどころに段差があり、そのたんびにスピードを落とさなければならない。とうとう、段差でパンクした。万時きゅうす。かなり下まで降りていたのでよかったが、それから1時間近く、本妙寺まで自転車を押して歩いた。
到着は17時15分。

自転車にとって、一番大きなリスクであるパンク。帰りに行きつけの自転車屋さんに直行。1000円の出費なり。

パンクというハプニングはあったが、とりあえず小萩山山頂までのルートがトレースできてよかった。自転車で1時間。(でも途中からかなり歩きだった。)だから歩きだと1.5~2時間かな。
植林の中のアスファルトの道、けっして面白いとは言えないな~。クロカンロードの看板がいくつかあったが、この道を走る人も、たぶんそうだろう。でも調査だから面白くなくてもどうでもいい。調査できたことがうれしい。次回はこの先を逆から行ってみるかな。

距離:5.7km、累積標高差:424m

地図
e0165234_22322135.jpg

[PR]
by yamattifx | 2009-09-05 23:23 | 全般

天草半日ツーリング090904

8月は山登りも沢登りもずいぶん行って、少し変わったことがしたくなった。それで今日は自転車に乗ることになった。あまり遠出したことないし、長い時間乗ったことないので、とりあえず半日だけ、近場の天草へ行ってみた。
宇土半島から上島方面へと行って見るつもりだった。そうは行っても9月に入り、このところ割と安定して快晴が続いているので、とにかく暑い。当然30度は越えている。真夏の炎天下の真っ只中に飛びこんでいくのに少し勇気がいった。

e0165234_038448.jpg

熊本の自宅で自転車を車に乗せ、宇土マリーナまで運んだ。着いて見ると、ごらんのとおり宇土マリーナも快晴。まずは、出発まえの記念撮影だ。13時10分スタート。

e0165234_0382670.jpg

スタートしてから、宇土半島の北側の海岸、57号線をひた走る。ごらんのとおりずっと海岸線に沿う道で、海を見ながら開放的な気分だが。もちろん潮風がある。気温が高いためかやはり暑い。でもこんな風にたまに日陰もあるから休憩場所には困らない。
しかしここはR57、幹線道路だから車の通りが多く、車の通過は気になってしたない。でも、よくしたもんで帰る頃にはほとんど横に20センチもぶれない、まっすぐに走れるようになった。左右にダッチロール運転してると車の運ちゃんが危なっかしいと思ってゆっくり走ってくれた。ありがたいけど交通を乱しているような気もしていい気はしない。

e0165234_0383785.jpg

しばらく行くと、ごらんのとおり、大海原の向こうに雲仙が見える。いつも通るときは車だが、今日は自転車だからゆっくりと写真も取れるのだ。好きなときにとまれて便利だ。時間を気にしなければ、ずっと見ていることだってできるし、いいよやっぱり自転車は。

e0165234_0391151.jpg

13時40分、宇土半島の先端の三角に着いた。ここは三角西港。田舎の中ではすこしだけ洒落た所と言えるだろう。しばし休憩する。ここは釣り場でもあるが釣り人はまばらだった。

e0165234_0392919.jpg

14時、天草パールライン1号橋を通る。5号橋まであるが、1号橋から2号橋までが遠い。ここから少し内陸に行ったりして海岸線から遠ざかることが多くなった。もともと平坦な海岸線も少し陸側にいるとすこしだけアップダウンがあった。
自転車こぐのは山歩きやトレイルランに比べると格段に楽。下りはまったく力を使わないし。登りは少々きついけど、歩くのに比べると早いからすぐに登り終わるからいい。3日間、縦走してくたくたになることを考えると、自転車だったら一週間くらい平気かもと思ってしまう。

e0165234_0395930.jpg

14時50分、2号橋を通過。一号橋を通過してからすでに50分か~ 途中、天草市の繁華街である大矢野を通った。大きなスーパーやパチンコ屋などあり島を通っている感覚はまったくなし。海岸線が少なかったのでなおさら。アップダウンも多く、喉の渇きがひどくなり休憩して水をとる回数が増える。天草は何十回も来たがこんなに身近に周りを見渡すこともなかったな~。あまり特徴ないな~、どこにでもあるお店が並んでた。

e0165234_2182174.jpg

2号橋を越えてしばらくいくと、右手はパールサンビーチと標識があったので、ちょっとビーチで休憩でもしようか、ビキニのお姉ちゃんが目に飛び込んでくるかもと期待を寄せて進むも、行けども行けどもそれらしきビーチはなさそう。かなり遠いのだろうと思って時計を見ると15時を回っていた。ここまで2時間半近くたっている。今日はここまでと即決して休憩場所を探すと、だーれもいない道沿いに永浦荘とある。上さんのお母さんがよく口にしてた名前。なんでも、とてもリーズナブルな料金でとまれて海の幸がたくさん食べれるそうな。まあ、どうでもいいけど、近くに自動販売機があったのでコカコーラ500mmを買って、道路わきの日陰で腰を下ろしてゆっくりと休憩した。車が全くといっていいほど通らない道。道端で座っててもぜんぜん、平気でのんびり気分。この自由さがあるから一人旅は止められない。そう、今日のこれもプチ一人旅なんです。
海岸側とは道の反対側でおおらかに用をたしていると、引き潮のせいか、池みたいなところにたくさんの魚が群れていた。昔、上さんの親父とよく天草の川に鮎を網で取りにいったことがあったことを思い出した。
天草の人は海の魚が豊富にあるのでわざわざ川の魚まで食べないから、川には魚がうじゃうじゃいるんだと親父が言ってたな~。もしかすると今泳いでいた魚は鮎かも。

とにかく、ゆっくりした休憩が終わると、来た道をそのまま帰った。
同じ時間がかかるはずなのに、帰りの時間は行きよりもはるかに短い時間に感じた。体内時間ってほんとあてにならない。もうすでに5時を過ぎているのにまだまだ暑さはあったが、それよりもとにかく、お尻が痛くてしかたなかった。もう3時間以上も硬いサドルの上に柔なお尻を乗せているもんだから、お尻がねをあげていたようだ。すこしでもクッションにならないかと思い、タオルをたたんで膨らましサドルの上に敷いて乗ってみた。何もしないよりはずっとマシだった。なんとか最後までだまし続けることができ、お尻もがんばってくれ、宇土マリーナに着いたときはほっとした。
さて、自転車で何日かかけて遠乗りうるとき、一番の壁はこの硬いサドルだなと悟った。これさえ片付けば、体力的には全く問題ないようだ。あとテント等の荷物だがキャリアをつければなんとかなるし、テン場も適当に公園みないなところを見つければすむ。風呂もいくらでもあるし、食料は全く気にせず現地の店でその場その場で調達可能だ。山での不自由さが全くない自転車の旅、サドルの問題さえ解決すれば、あまり金を使わず何日も放浪することが可能だ。
他にしいて問題として指摘するとすれば、気候と服装かな? 自転車は少なくとも歩くよりも早いため風を受けるし、体温を奪う原因となる。金をかければ軽くて対策ばっちりの服もあるだろう。ただ、冬山に登ることを考えれば、ほとんど金をかける必要はなさそうだ。

e0165234_0404557.jpg

ここは昔、猫屋敷の焼肉屋だった店。今でも猫屋敷かもしれない。昔、店の中には猫の置物がいたる所にあった。
今は中華料理屋みたいだ。

e0165234_041597.jpg

16時30分、三角西港に到着。 夕方になってまだ暑いけど、日陰にいるとかなり涼しいので芝生に寝っころがって大休止をすることに。西港に夕暮れは似合うな~ などと、すこしだけ感傷に浸る。 20分以上休憩しただろうか。

e0165234_2404297.jpg

17時近くなると日も傾きはじめ、帰りを急ぐ海岸線の道路は涼風が吹いていた。どんなに昼間暑くてもさすがに夕方は涼しくなる。夕日を背にし、潮風に身を浸してペダルを踏むことが、そう言えば今日の一番の目的だったはず。今日一日がんばったご褒美だ。ほんとに心地いいし、景色も最高だ。

そして、17時40分、宇土マリーナに着き、今日のプチ一人旅は終わった。

ガソリンをまきちらさないで、自分の肉体のエネルギーだけで走るっつうのもシンプルでいいな。
シンプル イズ ベスト 自転車、見直したよ!!

(走行距離:48km 走行時間:4時間半 平均時速:10.7km/h)

地図:
e0165234_11204376.jpg
  
[PR]
by yamattifx | 2009-09-05 02:36 | 全般

藤河内渓谷(立松谷右俣)の沢登り090830

暑かった夏も残り少なくなり、秋風も感じらようになった8月最終日曜日、藤河内渓谷の渓谷美に魅せられて立松谷右俣の沢登に出かけることになった。
場所は祝子川ボルダーサイトから近い沢登りができるという単純な条件で選んだだけなのに、なぜにこんなに夏の終わりに似合う場所が見つかるとは本当にラッキー!
e0165234_22175820.jpg

予想通り夏の終わりだからキャンプ場は閑散としており、前日の夕、会の仲間6名がキャンプサイトに集まり、大宴会、キャンドルナイトで盛り上がった。
e0165234_2228463.jpg

川辺に広がる広々としたテントサイト、川の流れだけが聞こえる実に静かなところだが、周りの景色に気をよくしたのか、明るいうちからBBQを囲んで大騒ぎの大宴会が始まった。
まさにツワモノども達のキャンドルナイト♭♪~ は遅くまで続ていたよ~ 
e0165234_22331280.jpg


                 ~立松谷沢登りの始まり~

e0165234_22482276.jpg

  目前に立ちはだかる高い壁。たっぷり水を蓄えるエメラルド色の釜!
 まずは悠然と泳いで攻め方をじっくりと研究、だが、たとえステルスC4をもってしても、
 やっぱり壁は高かった!

e0165234_22591579.jpg

  沢の遊びの中で一番はやはりこれにつきるね。スラブの滑り台だよ。 
  とろころで君何歳? 数えで50だよ~

e0165234_2384247.jpg

  こちらは一枚岩の大岩盤、お散歩中ののお二人さん、沢とわわむる。。。 
  楽しそう。  贅沢だな~ ずっとこんなん続くんだ!

 
e0165234_23145162.jpg

  突如として現れた一本の木、沢の真ん中にたっているではないか。
  すでに遡行は半分を越えて大詰めの状態、いよいろ高度を上げて傾斜もきついね
  階段状のスラブだ。ここはどこ、間違えて左俣に来てしまっていた。

e0165234_23273086.jpg

  やっと終了地点まできました。大絶景の観音滝です。
  ここまで来たかいがありました~



  8:30入渓口-12:30観音滝-(下山道)-14:30入渓口: (道迷いで1時間のロス)


地図:

e0165234_2310670.jpg



独り言:
入渓地点はキャンプ場の第二駐車場の横に沢(立松谷本流)に降りる道があり、下っていきますと沢に降りれます。立松谷の遡行ルートはほぼ半分行ったところから右俣と左俣に分かれます。分岐までも分岐からもどちらも大きな滝はありません。滝としては2~3メートルの滝が多く、後はナメと釜が多いです。滝もスラブ系の傾斜滝も多いです。我々はほとんどロープを使わず、直登できないところは簡単に巻けました。大きな巻はほとんどなかったです。右岸に登山道がありその道が左岸になる橋を超えて、距離半分位行った標高630位のところには、右俣と左俣の分岐があります。観音滝にぶつかるの方が右俣なので、我々は右俣を行くところを左俣に行ってしまいました。左俣も立派な遡行ルートでそれを真っすぐ行くと木山内岳まで突き上がることになるようです。あわてて戻って、右俣に行き1時間半位、標高差で250m位登ると観音滝に着きました。左岸が立派な登山道になっているので下山はその登山道を降りてきます。観音滝からの下山道には観音滝を右に巻いて左岸を50m程かけ上がると、あまりはっきりしないしかしテープが着いた登山道らしきそま道に突きたるのでそれを右に谷沿いに下りていけばいいものを左に行ってしまいました。左に行くと急登を50m以上ものぼり尾根に出ますがそれを乗越してテープに沿って下に下る道がありそれは木山内岳方面の道だったようです。修正して尾根から右下へ下って行くとさらに立派な登山道になって右俣の左岸の沢沿いの道にに出ます。やっと佐俣と右俣の分岐を過ぎて橋を渡り駐車場につきましたが、観音滝から1時間少々かかりました。この沢、全体を通して、支流はあまり水の流れが少ない涸沢が多かったような気がします。だからまちがえようが無いはずなのに、左俣と右俣の分岐で間違ってしまった。分岐から先は登山道と沢は近い位置にありますが、観音滝の近くは起伏が複雑で沢と登山道の間隔が離れていてわかりにくいので、こちらの方が間違え易いかもです。

[PR]
by yamattifx | 2009-09-01 23:31 | 沢登り